相続 手続き 相続税

相続 手続き 役所への届け出

相続 手続き 相続税記事一覧

相続 手続き 相続税とは

相続について相続そのものは、人が亡くなったときに、亡くなった人(被相続人)の財産的な地位を、相続人(被相続人の妻や子など一定の身分関係にある人)が受け継ぐことです。受け継ぐ財産(遺産)には、土地、建物、現金、預貯金、証券ばかりではなく、貸金や売掛金などの債権も含まれます。また、借金や損害賠償債務、被...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税申告

相続税申告重要なポイントです・相続税は、相続の開始を知った日(通常は被相続人の死亡の日)の翌日から10カ月目の日までに申告が必要です。  ⇒10カ月目の日が日曜・祝日・土曜の時は、これらの日の翌日になります。・申告書の提出先は、被相続人(故人)の死亡の時における住所地を管轄する税務署長です。  ⇒相...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税基礎控除額改正

相続税 基礎控除額 改正 20152015年1月1日から相続税法が改正され、特に基礎控除額が大幅に減額されることになりました。基礎控除額は 妻 5000万円が ⇒ 3000万円に 子 1000万円が ⇒  600万円に40%もの大幅減額です。遺産の総額から、あらかじめ控除できる額が決まっています。こ...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税計算

相続税の計算を簡単に書いてみます。1.課税遺産総額を出します正味の遺産額から基礎控除額を引いた金額が課税遺産総額といいます。基礎控除額は、配偶者が3000万円、子が一人当たり600万円です。(※2015年1月1日改正)妻と子が3人の場合は、3000万円+600万円×3人=4800万円となります。正味...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税 税率 控除額

この表は、国税庁のホームページから引用しています。2015年1月1日に税率と控除額が改正されています。 法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額 1,000万円以下  10%  − 3,000万円以下 15%   50万円 5,000万円以下 20% 200万円 1億円以下 30% 700...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税 不動産 小規模宅地の特例

相続によって自宅や事業用の建物を取得した場合、これからの生活を継続できるよう、また、事業も継続できるよう、宅地の評価額の一定割合を減ずることができる特例があります。いわゆる小規模宅地の特例です。次のような条件があります。・相続開始の直前において、被相続人、又は被相続人と生計を一にし、同居していた親族...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税 不動産 建物の評価

相続税の計算をするときに、相続財産の大部分は不動産だそうです。不動産を正確に評価しないと、相続税額がかわってきますね。これが、自分でも簡単に概算がわかる方法をお教えします。相続税に関する建物の評価は、固定資産税評価額と同じです。毎年5月に、市役所や町役場、村役場から固定資産税を支払う納税通知書が送ら...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税 不動産 土地の評価

相続財産の不動産のうち、土地の評価額を出す方法を書いていきます。土地は複雑になります。土地の評価額は、路線価で評価することになっています。国税庁のホームページから、日本全国の土地の価格(路線価)を見ることができます。( http://www.rosenka.nta.go.jp/ )このサイトを開くと...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税 国税庁 相続税

国税庁のホームページには、すべての税金のことが詳しく書かれています。相続税のページもあります。中でも、相続税の申告の仕方(H27年版)が最新で勉強になります。こちらです>>国税庁 相続税の申告の仕方確定申告書作成コーナーがありますが、作成できるのは所得税、消費税、贈与税の申告書です。相続税の申告様式...

≫続きを読む

 

相続 手続き 相続税 生命保険金

遺産分割協議などせずに、妻や子に確実に財産を渡すには、生命保険を契約して受取人には配偶者や子供の名前を記載しておきます。すると、契約者が亡くなったときに、生命保険金は受取人固有の財産になるので、分割協議の対象とはならずに全額が受取人のものになります。ただし、相続税はかかります。(控除額は別途にありま...

≫続きを読む