相続 手続き 相続税 不動産 小規模宅地の特例

相続 手続き 相続税 不動産 小規模宅地の特例

相続によって自宅や事業用の建物を取得した場合、これからの生活を継続できるよう、また、事業も継続できるよう、宅地の評価額の一定割合を減ずることができる特例があります。いわゆる小規模宅地の特例です。

 

 

次のような条件があります。

 

・相続開始の直前において、被相続人、又は被相続人と生計を一にし、同居していた親族の事業の用に供されていた宅地等であること。
・建物や構築物の敷地の用に供されていたこと。

 

などです。

 

 

限度面積までの部分(これを小規模宅地等といいます。)が対象になります。
居住用建物なら330平方メートルまで、80%が減額されます。
なおこれは、2015年(平成27年)1月1日からの相続の場合で、それ以前は面積が異なります。

 

 

ちょっとわかりにくいですね。
被相続人と一緒に住んでいた住宅やお店の土地は、相続財産の価額を計算する上で、一定の面積までは一定の割合を減額できるというのです。この特例は活用しましょう。

 

 

詳しいことは税理士さんに相談しましょう。

 

>>税理士さんの紹介はこちらから

 

 

 

 

関連ページ

相続 手続き 相続税とは
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税申告
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続人0
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税基礎控除額改正
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税計算
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 税率 控除額
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 不動産 建物の評価
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 不動産 土地の評価
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 国税庁 相続税
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 生命保険金
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。