相続 手続き 相続税申告

相続 手続き 相続税申告

相続税申告
重要なポイントです

 

 

・相続税は、相続の開始を知った日(通常は被相続人の死亡の日)の翌日から10カ月目の日までに申告が必要です。

 

  ⇒10カ月目の日が日曜・祝日・土曜の時は、これらの日の翌日になります。

 

・申告書の提出先は、被相続人(故人)の死亡の時における住所地を管轄する税務署長です。

 

  ⇒相続人の住所を管轄する税務署長ではないので注意してください。

 

・申告は、相続人が共同で作成して申告することができます。別々に申告書を提出することもできます。

 

 

 

相続税の申告が必要になるのはどんな場合

 

従来は相続税の申告が必要な人は少なかったのですが、2015年1月1日の相続税法改正で相続人の基礎控除額が大幅に減額されました。このために、相続税の申告対象になる人が今後は増えてくると思われます。

 

 

 妻の基礎控除額は 5,000万円から3,000万円に
 子の基礎控除額は 一人1,000万円から600万円に

 

 基礎控除額の減額は大事なキーワードなので覚えておいてくださいね。

 

 

例1 配偶者と子が3人の4人が相続人になるときは
 基礎控除が3,000万円+600万円×3人=4,800万円を超える財産を相続する場合

 

例2 配偶者と子一人の計2人が相続人になるときは
 基礎控除が3,000万円+600万円=3,600万円を超える財産を相続する場合

 

例3 配偶者だけが相続人になるときは
 基礎控除3,000万円を超える財産を相続する場合

 

 

こういう方が相続税の申告対象になってしまいます。
少子化で子が一人とか、子のいない世帯も多くなっているので要注意です。

 

 

相続税の申告は税理士さんに依頼します。

 

>>税理士さんの紹介はこちらから

 

 

 

 

関連ページ

相続 手続き 相続税とは
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続人0
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税基礎控除額改正
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税計算
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 税率 控除額
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 不動産 小規模宅地の特例
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 不動産 建物の評価
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 不動産 土地の評価
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 国税庁 相続税
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 相続税 生命保険金
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。