相続 手続き 遺言書 夫から妻へ

相続 手続き 遺言書 夫から妻へ

夫婦の3組のうち1組が離婚するという世の中です。
再婚したけれど、先妻との子がいる場合も多いでしょう。
夫に万一のことがあったら、妻は遺産相続に苦労するのは目に見えています。
先妻との子全員に連絡を取って、相続人全員で遺産協議をして分配を決めなければ夫の銀行預金が下ろせませんし、夫が残した家を自分名義にすることもできません。

 

 

こんな場合でも、遺言書ですべての財産を妻に相続させると書いておけば、妻は先妻との子に連絡を取らなくても一人で銀行預金の凍結解除ができます。

 

一旦は、全財産が妻のものになります。
いったんはと書いたのは、あとで子が遺留分の請求を行うことが予想されるからです。
遺留分のことはあとで書きます。

 

 

自分に万一のことがあった後、妻が苦労しないように遺言書を残しておくのがいい方法です。
遺言書はこんなふうに書きます。

 

1 すべての文章や文字を自分で書くこと。ワープロはダメ。
2 かならず作成した日付を入れる。新しいものが有効となる。
3 自分の名前を記載すること。
4 印鑑を押すこと。実印が良い。
5 訂正がある場合は決められた方法ですること。

 

 

遺言書の例
---------------------------------------------------------------------------------
       遺言書
遺言者 石川太郎は次の通り遺言する。

 

  1、妻 石川華子(昭和○○年○○月○○日生)には以下の不動産を相続させる。
   (1)、土地
   所在 東京都○○区○○町○丁目
   地番 ○○番○
   地目 宅地
   地積 ○○○平方メートル

 

   (2)、建物
   所在 東京都○○区○○町○丁目
   家屋番号 ○○番○
   種類 居宅
   構造 木造スレート葺2階建て
   床面積 1階 ○○平方メートル
       2階 ○○平方メートル

 

  2、その他遺言者に属する一切の財産は、妻 石川華子に相続させる。

 

  3、遺言執行者として、妻 石川華子を指定する。
   遺言執行者は、遺言者名義の預貯金の名義変更、払戻、解約、その他
  本遺言の執行に必要な一切の行為をする権限を有する。

 

  4、付言事項
   お父さんが、もしものときのために、この遺言書を書きました。
   華子が老後を安心して過ごせるよう、全財産を妻 華子に相続させることにしたことを子供たちは理解してあげてください。

 

 

   平成○○年○○月○○日

 

   東京都○○区○○町○丁目○番○号
   遺言者 石川太郎

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

おおむねこのような内容になると思います。
なお、記載方法に正確を期すために必ず司法書士さんや行政書士さんに相談することをおすすめします。
そのうえで、公証人役場に行って遺言書を作成すれば完璧です。

 

 

遺言書としては完璧ですが、じつは、これだけでは夫の思いどおりにはなりません。
先妻との実の子には遺留分があるからです。
全財産を妻に相続させるとしても、実の子はその1/4をもらう権利があります。

 

 

遺留分を請求されれば渡さざるを得ません。
民法で保障された権利だからです。

 

 

一つの対策として、先妻の子には遺留分に相当する生命保険を渡すという方法が考えられます。
でも、生命保険の受取人を先妻との子の名前にしては意味がなくなるのです。
なぜなら、生命保険は受取人固有の財産なので、妻の相続財産の遺留分は依然として存在するからです。

 

生命保険+遺留分が先妻との子に渡されます。

 

 

被相続人の思いどおりにしたいのなら、生命保険金の受取人を妻の名前にしておきます。
すると、これは妻の固有の財産になりますから遺留分の対象にはなりません。

 

もしも先妻との子が遺留分を請求したら、この生命保険から遺留分を出してあげればいいのです。

 

 

相続は、素人考えでは思いどおりの結果にはなりません。
自分の思いを専門家に伝えて、どうすれば思いどおりになるのかよく相談しましょう。
残されたものが争わないために大事なことではないでしょうか。

 

 

>>全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕【相続案内サービス】

 

 

 

 

関連ページ

相続 手続き 遺言書0
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。
相続 手続き 遺言書 遺贈
いざというときに慌てないために相続の知識を知っておきましょう。妻に財産を残すための贈与や遺言書の書き方なども知っておくと便利です。